あまり知られていないデリヘルドライバーの業務内容は?

デリヘルドライバーなどのあまり情報がない仕事は、掲示板などの情報を鵜呑みにしたり、募集広告の数字や文言などをそのまま信用したりするものです。
特に送迎とは言っても、どのような業務を具体的にこなすのか。
女の子にモテるための、コミュニケーションのチャンスはあるのかどうかなど色々と気になることは多いことでしょう。
ここではデリヘルドライバーの仕事内容について細かく説明していきます。

デリヘルドライバーの仕事内容

デリヘルドライバーの仕事内容については、待機所や事務所などの付近で車と停めて待機をします。
お客さんから指名があれば、プレイ場所まで向かって、到着次第電話を入れます。
その際にその場で待機をするのか、他の女の子の送迎が入るかの連絡が入ります。
基本的に送迎の女の子は1人といったところが多く、最大で2名といったところが多い模様です。
自宅でのプレイの場合には、3人ほどを乗せるケースもあるようですが、基本的には1人のみの送迎というケースが多い模様。
こうしたことを考えると、女の子と仲良くなるチャンスはありそうです。

座る場所を指定しているお店もある

ドライバーとの距離を保たせるように、後部座席のみにしか座らせないようなお店もあるようですが、基本的には助手席でも後部座席でも自由といったお店が多いようです。
車種として拒否されるのは、軽自動車や2ドア、2シーターなどの車とされています。
最低限でも1000CC以上のコンパクトカーでないと採用されるのは厳しいかもしれません。
女の子によって無口な場合もあれば、ずっと会話を欲する子もいて、さまざま。
当然会話好きな女の子の担当になる方が、仲良くなる可能性は高く、モテる場合もあります。

関連する記事