モテるかどうかを気にする前に

デリヘルドライバーの求人をみて、給与額の高さや、プラスアルファで風俗嬢にモテるかもと魅力を感じている方も少なくありません。
しかしながら、デリヘルドライバーの業務は以外と厳しいというのが現実です。
女の子とオイシイ思いが出来たとしても、立場が弱いドライバー職は速攻でクビなんてこともあり得る話です。

誰にでもできるからこそ難しい

自動車免許さえ持っていれば、誰にでも就くことが出来るのがデリヘルドライバーの仕事です。
年齢や学歴も不問ですから、これほどに入職しやすい業種もないでしょう。
しかしながら、その反面、女の子から気に入られたり、逆に指名をされてドライバーを任せたいと思われること。
更にお店側から対応が素晴らしいと評価されることは難しいのです。
誰にでも出来ることだからこそ、他人との差別化が難しく、気に入られるようなサービスを提供することが難しいのがドライバーという仕事の特徴なのです。

女の子に対してはどう接するのか

また送迎する女性によって、対応を臨機応変に変えることが求められるのも、この仕事の最大の特徴と言えるでしょう。
太客からの指名で余裕満点の時には、バカ話をしても何とも思わないでしょうが、初対面の客の場合には、どういった容姿なのか、危ない人ではないのかなど様々な思いを巡らせていることが多いです。
頭の中で色々と考えているのに、会話を持ちかけるのは、はっきり言って邪魔にしかなりません。
女の子の様子をチェックし、それに応じた対応が出来なければ、満足されることはありません。
まして下心全開で接するようなことをすれば、すぐにバレてしまい、警戒心を抱かれるのがオチです。
モテるかどうかなどは気にせず、プロとしてドライバーの仕事をまずはしっかりと行いましょう。

関連する記事