モテるデリヘルドライバーの心構え

デリヘルドライバーと聞くと、敷居が低く、送迎している嬢とオイシイ関係が築くことが出来るかもと思ってしまう方もいらっしゃいます。
しかしながら、実は奥が深く、大変な仕事だということを応募をする前に覚えておきましょう。
ここではデリヘルドライバーとして何が大事なのかについて紹介します。

風俗を好きで働いているわけではないこと

デリヘルドライバーをするにあたり、忘れはいけないのは、送迎する女の子の気持ちをしっかりと考えるべきだということです。
どういった考えを持つべきなのかですが、それは風俗の仕事をどうしてしているのかということが前提になります。
思いつきで風俗の仕事をしている女の子は、正直にって少ないでしょう。
周囲の誰にもいうことが出来ない仕事をしている。
周囲にバレたくない。
こっちはお客さんを選ぶことが出来ない。
身体を使って仕事をしていることに対しての背徳感がある。
1日に復数の男性客から触れられたりして、性器に痛みを感じたり、シャワーを何度も浴びるから、肌が荒れてきたりする。
こういったストレスや問題を抱えてハードな仕事をし、お金を稼いでいることを忘れないことです。

気を使ってくれないどころか…

前述のような状況なのに、一番身近にいる味方であるはずのデリヘルドライバーが、全く気が利かない。
気を使ってくれない。
それどころか、明らかに下心丸出しで接してくるとなれば、どう思うでしょうか。
テンションが下がることはもちろん、怒りすら感じちゃいますよね。
仕事へのモチベーションも下がり、結果として売上が落ちれば、その矛先は立場の弱いドライバーに向けられても仕方ないことなのです。
下心なく苦労をして稼いでいる女の子の味方になってあげること。
これこそがデリヘルドライバーの心構えなのです。

関連する記事